朝食抜きダイエット法ー成功させるコツ

朝食抜きダイエット、みるみる効果がでています。ぼちぼちベルトの穴が足りなくなってきました。ジーンズも、かなりのサイズオーバーになってきていて、買い換えを余儀なくされています。

さて、朝食抜きダイエットによってここまで成果をだせているのですが、実際にやってみて一番苦しいのは午前中の10〜11時ごろではないでしょうか?朝食をぬいているので限界がくるのがそのあたりです。ついついおやつに手を伸ばしたくなる時間帯でもあります。

そういう時にこそ我慢するのが大切なのですが、あまり我慢しすぎるとストレスがたまってしまって、帰って昼食時にドカ食いしてしまうリスクが高まってしまいます。

そこで、前回もおすすめしている通り、こんにゃくゼリーなどのカロリーが無いおやつの登場です。口に何かしらを含んでおけば、割と気がまぎれるようで、12時まで我慢することができます。また昼食のメニューも濃いものを選ばなくても済むようになります。コンソメスープなどのスープ類を間食として飲むのも効果があると思います。

ストレスをためず、ドカ食いを避けながら朝食抜きダイエットを進めることが成功への秘訣だと思います。

朝食抜きダイエット法のデメリット・便秘の解消法

前回のエントリーで、朝食抜きダイエット法のデメリットをご紹介しました。その中で便秘になってしまうというところがありましたが、この解消法について掘り下げてみたいと思います。

・そもそもなんで便秘になるのか
朝食抜きにすると便秘になるのですが、これは朝食を抜きにすることによって朝の腸の活動開始時間が遅れることや、物理的に食べる量を減らしているために押し出される力と量が少なくなることが原因だと思います。

・解消法としては、食べる飲む。
ちょっと矛盾していますが、やっぱり上から出すのが一番手っ取り早いのです。といっても下剤などは安易に使わない方がいいです。薬に頼るのは最後の手段にとっておきましょう。本当に出なくなったときに使用するのがいいです。ではどうするかというと、水分を多めにとるという基本的な対策となります。またカロリーが無く食物繊維が豊富な食物を積極的に取ることで、便秘が解消します。

・こんにゃくゼリーはカロリー低くておすすめ
こんにゃくゼリーはカロリーも抑えてありますので、間食にももってこいです。また朝食抜きによる空腹感を耐えるために間食する際には、こんにゃくゼリーなどにして排便を促してあげるのも効果的です。

・青汁を飲むと食物繊維たっぷり
青汁ってまずいというイメージがありますが、実際飲んでみるとそうでもありません。まずいというイメージをつかって何か販売促進をかんがえているのでしょうか?味は実際に飲んでみると抹茶に近い味がします。冷やして飲むと意外とおいしいですよ。そして効果ですが、こちらもかなり排便がスムーズになりました。食物繊維たっぷりなので、非常にスムーズです。

いかがでしょうか?全部を一度に試す必要はないので、自分でできそうなことから少しずつ手を付けていくのもいいと思います。排便があると、体重計のメモリが一気に下がるので見ていて楽しくなります。もしかしたら、便秘による停滞期になっているかもしれませんよ?

朝食抜きダイエット法のデメリット

今日も素晴らしい朝食抜きダイエットを継続中です。今回は朝食抜きダイエットについてのデメリットについても考えてみたいと思います

・朝食抜きのために午前中のお仕事が辛い
午前中は朝食抜きで空腹感と戦わなければならないため、どうしても集中力という面では集中しずらい環境です。午前中の仕事は軽めにこなせるものに調整ができればいいのですが、調整できない場合はおやつ程度になにか口にするものを用意しておくのも一つの手でしょう。しかし、これもカロリーオーバーの原因ともなりますので、あくまでも1口2口程度のものにとどめておく必要があります。

・便秘になりやすい

食べる量を純粋に減らす影響からか、便通がよろしくありません。カロリーが0に近い食物繊維を多く摂取するようにしておなかに負担がかからないように注意しましょう。こんにゃくゼリーや青汁なども効果的な食物だと思います。水分を多めにとるようにして、お通じの確保に努めることが大切です。この時、糖分が含まれている飲み物は厳禁です。缶コーヒーやコーラなどは、思っているよりもお砂糖の量が多く、ダイエットには大敵な飲料です。

いかがでしょうか?意外とデメリットというデメリットは少ないのですが、気を付けることによって長続きさせることがとても大切だと思います。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。