朝食抜きダイエット法:停滞期の過ごし方・しのぎ方

朝食ダイエット写真

朝食ダイエットを続けていると、いずれ訪れる停滞期。停滞期はなかなか思ったように体重が減らないため体重計に乗っても成果が見られず、精神的に追い込まれやすい時期です。そんな中の乗り切り方を考えてみたいと思います。

・体重は気にしない
体重計に乗ることは、辞めてはいけません。継続的に体重を計測することは重要です。しかし、体重が減っていないからと言って、気にすることはありません。増えていなければ良しとしなければなりません。停滞期については体重はあまり気にしない方がいいでしょう。一番いけないことは、気にしすぎることによってストレスが溜まってしまうことです。ストレスがたまると、暴飲暴食につながりかねず、ダイエットが失敗に終わることが多い傾向にあります。

・それでも気になる場合は
それでも気になる場合は、体を動かした方がいいでしょう。有酸素運動を取り入れて体を動かすことでストレスから解放されます。また体にたまった老廃物を排出する手助けにもなるでしょう。いずれにせよ、あまり気にせず、ストレスを抱え込まないようにして、気分転換を図った方が得策です。上手にストレスをコントロールして、ダイエットに取り組むことが重要なのです。

・体重が増えてきてしまった場合は
体重が増えてきてしまった場合は、もしかしたら昼食や夕食に食べ過ぎているのかもしれません。朝食ダイエットは、単純に今までのペースの食事の量から朝食を抜いただけの量にしなければなりません。(でないと、1日のカロリー総和は元通りとなってしまいます)ですので、夕食や昼食のカロリーについても注意深くならないといけません。

停滞期は、どのダイエットでも必ず訪れる時期です。しかしここが踏ん張りどころ。ここでやめてしまったり、食事のペースをもとにもどしてしまったりすると、一気に元の体重を超えて余計に増えてしまいます。いわゆるリバウンド状態となります。そうなると体にも負担がかかり健康的にもよくない状態となりますので、継続することが大事なのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。