朝食抜きダイエット法のデメリット・便秘の解消法

前回のエントリーで、朝食抜きダイエット法のデメリットをご紹介しました。その中で便秘になってしまうというところがありましたが、この解消法について掘り下げてみたいと思います。

・そもそもなんで便秘になるのか
朝食抜きにすると便秘になるのですが、これは朝食を抜きにすることによって朝の腸の活動開始時間が遅れることや、物理的に食べる量を減らしているために押し出される力と量が少なくなることが原因だと思います。

・解消法としては、食べる飲む。
ちょっと矛盾していますが、やっぱり上から出すのが一番手っ取り早いのです。といっても下剤などは安易に使わない方がいいです。薬に頼るのは最後の手段にとっておきましょう。本当に出なくなったときに使用するのがいいです。ではどうするかというと、水分を多めにとるという基本的な対策となります。またカロリーが無く食物繊維が豊富な食物を積極的に取ることで、便秘が解消します。

・こんにゃくゼリーはカロリー低くておすすめ
こんにゃくゼリーはカロリーも抑えてありますので、間食にももってこいです。また朝食抜きによる空腹感を耐えるために間食する際には、こんにゃくゼリーなどにして排便を促してあげるのも効果的です。

・青汁を飲むと食物繊維たっぷり
青汁ってまずいというイメージがありますが、実際飲んでみるとそうでもありません。まずいというイメージをつかって何か販売促進をかんがえているのでしょうか?味は実際に飲んでみると抹茶に近い味がします。冷やして飲むと意外とおいしいですよ。そして効果ですが、こちらもかなり排便がスムーズになりました。食物繊維たっぷりなので、非常にスムーズです。

いかがでしょうか?全部を一度に試す必要はないので、自分でできそうなことから少しずつ手を付けていくのもいいと思います。排便があると、体重計のメモリが一気に下がるので見ていて楽しくなります。もしかしたら、便秘による停滞期になっているかもしれませんよ?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。