朝食抜きダイエット法のデメリット

今日も素晴らしい朝食抜きダイエットを継続中です。今回は朝食抜きダイエットについてのデメリットについても考えてみたいと思います

・朝食抜きのために午前中のお仕事が辛い
午前中は朝食抜きで空腹感と戦わなければならないため、どうしても集中力という面では集中しずらい環境です。午前中の仕事は軽めにこなせるものに調整ができればいいのですが、調整できない場合はおやつ程度になにか口にするものを用意しておくのも一つの手でしょう。しかし、これもカロリーオーバーの原因ともなりますので、あくまでも1口2口程度のものにとどめておく必要があります。

・便秘になりやすい

食べる量を純粋に減らす影響からか、便通がよろしくありません。カロリーが0に近い食物繊維を多く摂取するようにしておなかに負担がかからないように注意しましょう。こんにゃくゼリーや青汁なども効果的な食物だと思います。水分を多めにとるようにして、お通じの確保に努めることが大切です。この時、糖分が含まれている飲み物は厳禁です。缶コーヒーやコーラなどは、思っているよりもお砂糖の量が多く、ダイエットには大敵な飲料です。

いかがでしょうか?意外とデメリットというデメリットは少ないのですが、気を付けることによって長続きさせることがとても大切だと思います。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。