食事前に水を飲むダイエット方法を検証してみた

巷でよく聞く、食事前に水を飲むダイエット方法について検証してみました。

・メリット1:早めに満腹感を得られる

単純に、胃に入る体積に水の体積を先にいれることによって、確かに胃が早く膨らんで満腹感が早く訪れる感じがします。また、唾液の分泌が促されるために胃もたれする感じも無くなり、わりといいことが多い気がします。

・メリット2:水なので安上がり

特にダイエット食品というわけでもないので、日本であればいくらでも飲むことができます。これを使わない手はありません。体に悪いものではないので、積極的に利用するといいでしょう。

・デメリット1:すぐにお腹が空いてしまう

カロリーのある飲み物というわけではないので、腹持ちについては当然よくないです。すぐにお腹が空いてしまいます。したがって、この食後しばらくしてからの空腹感に対する対策を考えておけばいいと思います。

と、実践してみたところ、多少なりとも効果がありましたので記載しておきます。問題は味気ないので長続きしないこと・・・でしょうか?食事の合間に適度に水分をとっていく戦略も割りと捨てがたいのでそちらも、いずれ試してみたいと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。